なくても平気だけど、持って行くと安心!海外旅行であると便利なグッズ

備え付けられていないことも多い履物

海外と日本の大きな違いの一つがホテル内での設備です。日本は古くからおもてなしの文化が根付いているため、接客に対する対応の良さが世界でもトップクラスと言われています。その代表的な物として挙げられるのが客室内に設置されているスリッパを始めとした履物です。日本のホテルでは当たり前のように室内に履物が用意されているのに対して海外ではこれらは一般的ではありません。これは室内で靴を脱ぐ日本と土足のまま過ごす海外との文化の違いありますが、用意されていないケースも多いので予め用意しておくと安心です。

肌トラブルを防ぐためのスキンケアアイテム

国内と海外の旅行の大きな違いとして挙げられるのが肌トラブルのへの対策です。日差しの強い南国から1年を通して平均気温が低い寒冷地まで訪れる国によって環境は大きく異なります。中には日本で日常的に行っているケアでは対応できないケースも少なくありません。屋外だけでなくホテルの客室においても空調の関係で空気が乾燥していることも多いのが海外ならではの特徴です。こうした環境に対応できるようにスキンケア用品を持っていくと快適に過ごすことができます。

緊急時に備えた手書きのメモ帳

携帯電話は調べ物から連絡まで海外旅行における強い味方となってくれます。とはいえ、いくら便利なツールであってもバッテリーがなくては使うことはできません。非常に少ないケースとはいえ、旅先で携帯電話の電池が切れている状態でトラブルにあって対応できなくなるという事例もあります。
こうした万が一の状況に備えて、手書きのメモ帳を用意して緊急時の連絡先などを記入しておくことも大切です。

アドドドヴェンチャーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です